シャッターの取り付け業者のおすすめは?

シャッターの取り付け・設置をお考えですか?

 

シャッターと言っても、窓の場合もあれば、ガレージ用のケース合など用途はいろいろとあると思います。

 

防犯目的であったり、災害を防ぐ目的であったり、目的によっても違いがあります。

 

しかし、シャッターの取り付けといってもどこの業者でやればがいいか?

 

よくわかりませんよね?

 

そんなときは、ネットで無料で一括見積もりしてみるとうまくいきます。

 

リフォーム一括見積もりの大手であるリノコは、お住まいの地域の厳選された業者のみが登録されてるので安心できます。

 

逆に、一つの業者だけ見積もりを取るのは、足元を見られて料金が高めに設定されてしまい、ぼったくられる可能性が高まるのでおすすめできません。

 

リノコなら、もちろん、料金面だけでなく、様々なシャッター取り付けに関する相談も乗ってくれるので心強いです。

 

シャッター取り付け・設置をお考えの方は、まずはネットでリフォーム一括見積もりをしてみることからスタートです!

 

もちろん、一括見積もりは、完全無料ですし、見積もりをしたからといって必ずしも契約しないといけないものでもないので、相談感覚で活用してみてください。

 

リノコの特徴

●簡単10秒で相場・費用がわかります!
●他社で見積もりをしててもOKです!
●地域に密着した優良施工店から紹介!
●悪徳リフォーム業者は完ぺきに排除!

見積もり料金 無料
評価 評価5
対応エリア 全国
タウンライフの特徴

●無料で3分でかんたん登録!
●複数の優良リフォーム会社からリフォームプランが届く!
●料金だけでないアイディア・アドバイスなども比較できる!
●日本全国の優良リフォーム会社が続々と加盟!

見積もり料金 無料
評価 評価4
対応エリア 全国
リショップナビの特徴

●最短30秒で無料一括見積もりが出来ます!
●規定をクリアした厳選業者だけを紹介!
●複数の業者を比べるだけで最大50%OFF!
●「安心リフォーム保証制度」に加入している良質の業者を紹介
●システムキッチンに交換やキッチンの配置換えなど様々なニーズに対応!

見積もり料金 無料
評価 評価3
対応エリア 全国

シャッター取り付けは一括見積もりサイトで料金比較しよう

シャッター取り付け一括見積もり

台風や暴風雨の時には外にある様々な物が飛んでしまい、それが窓ガラスにぶつかって割ってしまう事があります。だからこそ万が一の災害に備えて、自宅の窓にシャッターを取り付けようと考える人が少なくありません。もっとも最近では、DIYという形で自力で工事をしたいと考える人が増えています。そのためシャッター取り付けを自力で行おうと考える人は、特に珍しくないです。シャッター取り付けを素人が自力で行うのは、一応は可能だったりします。ですがミスなく正確に寸法を測った上で、正しくシャッター取り付けを行うのは容易ではないです。いい加減に取り付けてしまうと、いざ台風や暴風雨の時にシャッターがきちんと機能せずに屋内を守れないケースもあります。なのでシャッター工事は無理して自力で行わずに、プロの業者にきちんと任せた方が安心です。

 

とはいえインターネット等でシャッター取り付けが依頼可能な業者を探してみると、幾つもの業者を見付け出す事が出来ます。しかも中には、作業後に法外に高い料金を請求する様な悪質な業者も存在する恐れがあるので注意すべきです。そういった悪質な業者の多くは、作業前にきちんと見積もりを出さないケースが多かったりします。何だかんだ理由を付けて、きちんと見積もりを出さない業者は避けるべきです。

 

更にシャッター取り付けを業者に依頼するなら、出来るだけ安い料金でお得に依頼したいと考える人が多かったりします。その望みを叶える方法として、ネット上にある一括見積もりのサービスを利用すべきです。一括見積もりのサービスを利用して、シャッター取り付け工事の見積もりを依頼すれば一度に複数の業者の見積もりを入手出来ます。お陰でいちいち業者の公式サイトに行って見積もりを依頼するよりも、断然効率良く各業者の見積もりを手に入れる事が可能です。後は一括見積もりで集めた見積もりを比較し、出来るだけ安い料金の業者を選び出します。この方法であれば、安い料金でシャッター取り付けを行ってくれる業者を効率的に見付け出す事が可能です。

シャッター取り付けの料金相場

シャッター取り付け料金

シャッターを店舗などに取り付ける必要があるときには、通常は業者に依頼することになります。シャッター取り付けの料金相場についてですが、実は材質によって値段が異なる面があります。また、古いシャッター撤去の必要性の有無によっても値段が異なることを留意しておきましょう。まず、窓用タイプのものの取り付けは8万円から15万円くらいします。一般的な手動式のものは10万円から25万円くらいが相場です。電動タイプの取り付けの場合は高目であり、30万円から50万円くらいはかかります。改修する場合には、古いシャッターを撤去する必要があるため厳密に書くと交換することになります。交換には上記の値段に追加費用がかかり、一般的な撤去費用の相場に関しては2万円から5万円程度となります。

 

ガレージや店舗などのシャッターをもしも災害や事故などが原因で交換する際には、損傷範囲を事前に確認しておく必要があることも留意点です。例えば地震・台風・事故などによる大きな損傷からシャッターの交換を検討する場合、ガレージ本体や店舗そのものにも損傷がないかをチェックする必要を生じます。場合によっては取り付け自体ができないケースもあります。そうなるとリフォーム工事をするということも考慮する必要があり、改修工事が大掛かりになりがちです。このあたりは業者とも相談しておくようにしましょう。

 

このようにシャッターの取付・修理の費用は多くのケースでかかってしまいがちです。では、料金を抑えるためにはどうすればいいのかというとデザイン性などは重視しないほうが良いでしょう。そして、錆びにくいなどの機能性を持っているシンプルであり価格が抑えられたものを選んでおくことで価格をある程度抑えることは可能です。シャッターの取付・修理の費用は業者によっても異なるので、業者選びも大事です。一括見積もりサービスを利用するなどの対策を行い、自分に合っている業者を選んでおくように取り組むことが重要でしょう。

シャッター取り付けのをDIYでやる

シャッター取り付けDIY

シャッター取り付けのDIYは初心者であってもできるようになっています。ただし、シャッターの本体重量は非常に大きくなっており、素材にもよりますが小型なものであっても20キログラム以上になってしまうことも多くあります。そのため二人がかりで作業を進めると安全に取り付けができるようになるでしょう。注意しなければならないことは、シャッターの防錆性能についてです。屋外に設置することが多いので、雨風による影響でシャッターの表面が錆びてしまうことがあります。防錆加工が徹底的に施されている製品であれば問題はありませんが、傷がついてしまうとその周辺から一気に錆びついてしまうことがあるのです。だから防錆加工についてはしっかり確認した上で購入しておきましょう。

 

また電動式のシャッターの場合は電気を確保しておく必要があります。コンセントに接続するだけの製品であれば個人でも簡単に設置できますが、なるべく電気工事士の資格や知識があったほうが良いでしょう。使用するシャッターのタイプによっても注意が必要ですガレージなどの上部でシャッターの本体を巻き取るタイプのものであれば天井に空間を余分に確保しておく必要があります。折りたたみ式のものであれば作りは簡単になっているので初心者でもDIYできるようになっていますが、可動部分が大きくなってしまうことがあるので、周辺に物を放置しておかないようにしましょう。以上のことからシャッター取り付けのDIYを行うときにはなるべく二人がかりで作業を行うことを徹底して、雨風による影響を最小限にするためにも防錆加工が施されている製品を選択することがおすすめです。

 

スチールの製品よりもアルミの製品の方が軽量ではありますが、高価であることが多いので予算にも注意したほうが良いでしょう。また巻取り式のシャッターを設置する場合には出入り口の上部に余分なスペースを確保しておく必要があるので寸法を測っておくことが重要です。

シャッターの有名なメーカーは?

シャッター取り付け

シャッターの仕組みは細い板を連接することで、収納をしやすくしたものです。雨戸と比べると収納スペースを大幅に減らすことができ、金属で作られているので防犯・防火といった面で強みがあります。このため主に道路に面した店舗や間口を最大限に利用したい倉庫などに広く使われてきましたが、近年になると住宅でも備え付けられるようになっています。雨戸としての機能だけでなく上部に収納するため、開閉のしやすさといったメリットがあります。シャッターは軽金属で出来ているため有名メーカーとしては、アルミサッシなどの建材を生産しているところです。日本では2000年代に入ると業者が淘汰されたこともあって、国産メーカーとして有名なところは「LIXIL」「三協立山」そして「三和シャッター」の3社です。

 

LIXILはもともとは「トステム」「INAX」「新日軽」「サンウエーブ」「TOEX」といった住宅設備メーカーが統合された会社で、このため特長としては住宅設備向けであることです。特に豊富な品揃えと機能面での充実度、それとあらゆる住宅設備を製造販売しているので、他の住宅部材と調和させることができます。新築や大規模リフォームでもLIXILですべて揃えるといったことも多いため実績と機能面で特に強みがあるメーカーです。

 

一方で三協立山も三協アルミニウムと立山アルミニウムの合併により会社された会社です。窓サッシなどアルミによる住宅建材を製造販売してきたメーカーです。LIXILと比べると主に外構を得意としています。シャッターに関しては、壁付け用の後付けのものに力を入れており、リフォームでの需要で強みがあります。
シャッターは、社名にあるようにシャッターに強みがあり、特にビル・マンション用のドアやアルミフロントサッシなどでは業界第1位です。住宅用のシャッターも多く手がけていますが、事業所用やガレージ用など間口の広いものも生産しています。

シャッターの修理方法

シャッター取り付け修理

シャッターの異常にはいくつかの種類があり、閉じたまま上げられなくなってしまったりスムーズに開閉ができないなど様々です。そしてそれらの症状に合わせて修理するため、作業内容の規模も大きく変わります。まず開閉が滑らかでない理由は、レールとの噛み合わせが悪いからです。高い金属音がするのも同じで、これは潤滑オイルを間に差してあげるだけで改善できることがあります。それでも直らない場合はレールの歪みなども考えられるので、部品の交換といった大掛かりな方法になります。

 

手動で開け閉めするシャッターは、収納する部分にスプリングが内蔵してあって、その力で勢いよく巻き取るので高くても人の力で事足りるわけです。しかしそのスプリング周辺に異常があると、上げるのが不可能になってしまいます。スプリングそのものや巻き取り軸の異常など様々な要因が考えられるので、実際に蓋を開けて見てみないとわからないことが多いです。そして壊れている部品を交換すると、また以前のように使用できるようになるでしょう。

 

その他にはシャッターの鍵が壊れてしまうこともあります。そのような場合は鍵そのものを取り替える場合が多いですが、代わりの鍵さえ手に入れることができればドライバーで交換できるため、そう難しい作業ではありません。また電動シャッターの場合はシャッターの物理的な故障の他に、電気系統のトラブルの可能性も考えられます。そして配線が関係していれば、電気工事士の資格がないと手を出してはいけないことがあります。持ち運びができるリモコン程度であれば問題ありませんが、専門知識がないと非常に難しいです。開閉時に詰まってしまうなど、大きな故障の前には前兆となる小さな異常が見られることが多いです。そのまま無理に使い続けていくと、レールの破損などに繋がる怖れがあります。規模が小さければ簡単な方法で修理できることがあるので、早い段階で手を打っておくのが大切です。

 

リノコ

TOPへ